投稿日:

カーテンは施主支給にする方が安くあがる

注文住宅で家を建てるのでしたら、カーテンは施主支給にした方が出ていく費用を抑えられます。なぜなら、カーテンないしブラインドなどの遮光器具を入れる場合、通常ならば注文住宅を建ててもらう建設会社にお願いするのですが、まあ当然ですがマージンが発生しますよね。間に会社をひとつ通すのですから、当然手数料的なものが発生するのです。

なかには、サービスでおこなってくれる会社もありますので、一概に言うことはできませんが、サービスでカーテンを手配してくれないという場合は、まあ自分たちで手配する方がいくらか安く済みますから。ですからこそ少しでも節約をしたいのでしたら、自分たちで手配するのもいいでしょう。

しかし、カーテンを施主支給となりますと、「取り付けるのも自分でやるの?」と不安に思う人もいることでしょう。しかし家具屋を経由して発注すれば、取り付けもおこなってもらえる場合が多いのです。それでも建設会社を介すよりも費用を抑えることができたりしますからね。

確かに、遮光器具メーカーから直接カーテンのみを卸せば、さらに安くなるところはあるのですが、しかし取り付けの手間が発生しますからね。それなら家具屋を介して発注するのが手間を考えてもベストな場合もあるのですよね。

PR|DIYにお勧めの壁紙|